人気ブログランキング |

木の情報、住まいの情報、DIY、お買得情報などのニュース!

kakuhon.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 25日

東京「汐留遺跡」の産物 ”胴木”をご紹介します。

c0050900_11431249.jpg

c0050900_11124428.jpg

汐留遺跡(大名屋敷跡遺跡)の船入場の石垣の土台として使われていた”胴木”のご紹介です。

この”胴木”は奥州仙台藩伊達家と奥州会津藩松平(保科)家の石垣に使用されていました。
「伊達家」といえは、 「独眼竜」正宗 や 山本周五郎の「樅の木は残った」でよく知られています。
そして
「会津藩松平家」といえば松平姓と葵の紋を許され、幕末の 「白虎隊」で有名です。

350年もの時を経て姿を現しました。
樹種はマツ(アカマツやクロマツなど)のようです。
写真は端部を切り落として半分に切断したものと、倉庫での保管状況です。

この独特の姿を利用して後々まで残していきたいものですね。



サイズ:約5.0m×200mm×200mm、240mm×240mm、270mm×270mm
価 格: 17,000円/本 税別)

by kakuhon | 2011-12-25 11:22 | 木材